口内炎の予防

口内炎の予防には、治療とは違って日常から
気をつけておくことが必要になります。



まずは口の中を清潔に保つ事を心がけておきましょう。



口の中にいるウィルスは、判明しているだけでも
400種類以上も存在しており、

口の中の粘膜についた傷に付着すると、
腫れや激痛を呼び起こす恐れがありますので、
こまめにうがいを心がけておきましょう。



特に煙草を吸われる方は、
口臭予防にもなりますのでこまめにうがいをする事、

また歯ブラシの毛先には気をつけて、
先の広がった歯ブラシを使用しない事や

ヘッドの小さいものなど、
自分に合った歯ブラシを使用するようにしましょう。



さらには口内炎の予防に欠かせないものが
栄養バランスです。



一度口内炎が発症してしまうと、
痛みから食事を敬遠しがりになり、
十分な栄養が摂れずに悪循環に陥る危険性があります。



普段から栄養バランスが偏ることがないように心がけ、
口内炎の発症時には柔らかいものを多くするなどして
しっかりと食事を摂る事を心がけましょう。


スポンサード リンク

口角炎や口角炎には、種々の原因、誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って症状が発現していると言われています。