口角炎の治療

口角炎の治療には、ビタミンの不足が原因で
発症している事が多いと言われていますので、

ビタミンB2やビタミンB6を積極的に摂取する事で、
疲労を回復させて皮膚の粘膜を健康状態に維持でき、
口角炎の改善を期待出来ます。



口角炎の治療には抗真菌剤や
抗生物質の含まれる軟膏を使用する事もありますが、

これらはカンジダやウィルスが原因で発症した場合には
非常に効果的な治療法であると言えます。



ただしステロイド剤を使用する場合には、
症状が悪化する事もありますので、

使用時には医師や薬剤師に相談して使用し、
自分の判断だけで使用する事は
なるべく避けた方が良いでしょう。



口角炎や口内炎の発症時には、
抵抗力の低下が原因で起こる可能性が非常に高く、

抵抗力を低下させる原因となる疾患が他にある場合には、
口角炎を長期化させる可能性がありますので
十分に注意しましょう。



また乳幼児のよだれや、口を舐める癖のある方は、
常に口角が湿った状態で口角炎になりやすいとも
言われていますので、

気をつけることで口角炎の発症や、
口角炎の早期回復が図れる事もあります。


スポンサード リンク

口角炎や口角炎には、種々の原因、誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って症状が発現していると言われています。