アフタ性口内炎

アフタ性口内炎とは単純性に次いで、
多いとされている口内炎で、
症状としては口の中に円形や楕円形の潰瘍ができます。



その表面は白色や黄色がかった白色で、
周囲は赤く腫れた状態になり、
潰瘍の中央は少しくぼんでクレーターになります。



治るまでに1〜2週間程度かかりますが、
定期的に繰り返し再発する事が多く、

慢性化する事が多く、
再発性アフタ性口内炎と呼んでいます。



原因としては、風邪の引きはじめや胃腸不良、
ビタミン不足やストレスが挙げられ、
女性は出産後や月経時などにも現れます。



口の中の粘膜であれば何処にでも出来るのですが、
舌や内頬、喉の上部によく出来るようです。



アフタ性口内炎は、クレーター化した患部に、
食べ物が触れたりするとしみたり、
強い痛みを感じる事が特徴です。



このアフタ性口内炎だと感じたら、
速やかに治療に専念しましょう。


スポンサード リンク

口角炎や口角炎には、種々の原因、誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って症状が発現していると言われています。