単純性口内炎

口内炎の中で最も多いとされるのが、
この単純性口内炎で、
別名:カタル性口内炎とも呼ばれています。



暑い食べ物などで粘膜が火傷を起こしたり、
急いで食事をした際などに
口の中を誤って噛んでしまったり、

あるいは歯ブラシが古くなってはみ出した毛先が、
口の中を傷つけた部位に炎症が起こったりします。



口の中の粘膜に出来た小さな傷に、
細菌が入り込んで炎症を起こしたものを言います。



特徴は軽い発疹と、
ヒリヒリとした痛みがある事が多いようで、

口の中の粘膜が赤くなって炎症を起こしたり、
白濁や、ヒビ割れなども起こします。



また慢性化してしまうと、
口臭などを発生させる原因になるとも言われています。



疲労や風邪などの全身状態の悪化によって発生したり、
免疫力が低下した状態におき易いとも言われています。



カタル性口内炎にははっきりとした境目があるわけではなく、
その症状はいろいろで、ほおや舌なども含めて
口の中の粘膜全体が赤く腫れて斑点が現れることもあります。



単純性口内炎だと感じたら、速やかに治療に専念しましょう。


スポンサード リンク

口角炎や口角炎には、種々の原因、誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って症状が発現していると言われています。