口内炎とは

口内炎とは読んで字のごとく、
口の中の炎症や潰瘍の事を言います。



私たちの口の中には、
びっくりするほど沢山の細菌が潜んでおり、
その細菌が口内炎や口角炎といった症状を生み出すのです。



口の中の細菌は、食べ物などから私たちの
口の中に運ばれてきたものが多く、

通常は唾液で殺菌されるのですが、
体が弱っていたり、免疫機能が低下していると

口の中の細菌が口の中の粘膜の
僅かな傷口から侵入して炎症を引き起こすのです。



また口内炎や口角炎は、
みんな同じような症状に見えますが、
原因は人それぞれにあります。



出来れば口内炎を予防して、
口内炎が発症したら速やかに治療して
正常に回復させたいものです。


スポンサード リンク

口角炎とは

口角炎とは、口角の皮膚および粘膜に溝やびらん、
潰瘍が生じて慢性に経過する病態をいい、
口角びらんとも言われています。



口角部の皮膚が唾液によって浸軟され、
ここに2次的に感染が
起こったことが原因とされますが、

口角炎には種々の原因・誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って
症状が発現していると言われています。



口腔の粘膜は、赤唇を経て口唇の皮膚に至りますが、
その赤唇の幅は口角で最も狭く、
粘膜と皮膚とは近接していること、

しかも皮膚が少し口裂に落ち込み
皮膚の溝が形成されていることが
口角炎になりやすい要因であるとされています。



また口角炎小児や老人によく見られ、
小児は男児に多く、中高年では女性に多いようです。



口角炎は、口を開く時に切れやすく、
悪化したり治りにくいといった特徴があります。



口角炎になった時は、
一日も早く治療して治したいものです。


スポンサード リンク

口角炎や口角炎には、種々の原因、誘因が考えられ、
それらがいくつか関わり合って症状が発現していると言われています。